モンスターカレンダー

« 2016年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

音楽サプリの最近のブログ記事

「君と僕の挽歌」さかいゆう

| コメント(0) | トラックバック(0)

前向きな失恋ソングです。

「別れの瞬間もなぜだろう?悲しみよりも『ありがとう』がこみ上げて来たよ」

「時を超えて本当の意味でつながりあって生き続けてゆく」

など、B'zのALONEと同じようなメッセージを感じます。

別れてもなお好きなひとへ、歌を通して気持ちを伝え続けるというアーティストの想いが込められているように思います。

といっても、我々のような一般庶民にも、少なからず共感できる失恋ラブソングです。

今は離れてしまっても、ずっと大切に想っている大好きなひとがいる方には、おすすの一曲です。

「Love Story」安室奈美恵

| コメント(0) | トラックバック(1)

室奈美恵の両A面シングル「Sit! Stay! Wait! Down! / Love Story」
月9ドラマ「私が恋愛できない理由」の主題歌にもなっているこの曲は、彼女にとって数少ない失恋ソングとなっておりますが、切なくも一人強く歩き続ける勇気ももらえる1曲です。

「希望山脈」渡り廊下走り隊7

| コメント(0) | トラックバック(0)

"AKB48"から飛び出したスピンアウトユニット"渡り廊下走り隊7"のNEWシングル「希望山脈」が到着。テレビ朝日系アニメ「クレヨンしんちゃん」のOPテーマとして話題の本作をいち早くチェックしましょう!

「Your Best Friend」倉木麻衣

| コメント(0) | トラックバック(0)

前作「もう一度」から約半年ぶりとなるNEWシングル「Your Best Friend」をリリースする"倉木麻衣"。2ヶ月連続リリースの第1弾となる今作は、美しい歌声が心地良いミディアムバラードです。

「思い出せなくなるその日まで」/back number

| コメント(0) | トラックバック(0)

"back number"の3rdシングル「思い出せなくなるその日まで」は、別れた相手を今でも心の底から全力で愛している、そんな切なさ全開、珠玉のバラードとなっています。

「花鳥風月」SEKAI NO OWARI

| コメント(0) | トラックバック(0)

世界の終りからバンド名をアルファベット表記の"SEKAI NO OWARI"に改名し、メジャーデビュー盤としてリリースした「INORI」からの1曲。
藤崎彩織の書く情景の見える詞が心に残る、夏の終わりを感じる切ないナンバー。

「歩み」RAM WIRE

| コメント(0) | トラックバック(0)

RAM WIREで「歩み」。向井理主演の映画「僕たちは世界を変えることができない。But,we wanna build a school in Cambodia.」の主題歌。9/21にリリースされるこの曲が1stシングルになるRAM WIRE。結成から今年で10年。ついにメジャーのチャンスをつかんだ千葉県在住、男女3人組ユニットなのだ。この曲は、挫折の繰り返しの中、立ち直れずにいたメンバーを想ってできた楽曲だそう。「君らしくあれ」という言葉が皆さんにも響くこと間違いない。

「家族になろうよ」福山雅治

| コメント(0) | トラックバック(0)

今週の注目は、福山雅治で「家族になろうよ」。8/31に緊急リリースが決定!おなじみゼクシィのCMソングのこの曲が1位にランクインした!初回限定版には、ラジオ番組で行われたスペシャルバンドのライヴDVDつき他2形態での発売になる。話題になること間違いなし。ぜひチェックしてください。

「明日への路 feat.上間綾乃」宮本笑里

| コメント(0) | トラックバック(0)

沖縄をコンセプトにしたアルバム『大きな輪』から上間綾乃をフィーチャーした1曲。
今作はORANGE RANGEや玉城千春等、沖縄にゆかりのあるアーティストをコラボレーションに迎え、沖縄音楽の根底にある「命の尊さ」、「未来に向けて生きる力」を楽曲に乗せて発信する。
今だから伝えたい宮本笑里のメッセージが詰まった初のコラボアルバム。

「441」miwa

| コメント(0) | トラックバック(0)

今週は、miwa「441」に注目。昨年3月にデビューしたmiwa。ファンの間で絶大な人気を誇ってきたラブソングがついにシングル化した。葉山生まれ東京育ちのmiwaは、15歳から曲を書くようになり、高校時代よりライブ活動をスタートさせた。そのキュートな容姿とは裏腹に歌声の持つパワフルさは、ライブで鍛えられた賜物かと思う!等身大を歌う彼女に今後も期待!

▲TOP